iOS 6でGoogle マップをフルスクリーンでホーム画面に追加する超簡単な方法

iOS 6で標準のマップアプリがアップル独自のものに変わってしまいました。

しかし存在しない駅名が表示されたり地図がすかすかだったりと不満が多いのが現状です。

そこで、今まで使われていたGoogleマップをSafariから使っている方も多いと思います。

しかし、、、

スポンサードリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

fullgooglemap-01

下にバーが出てしまい少し邪魔って思ってた方いるんでは?

出来れば画面いっぱい使いたい!というわけで、Google マップをフルスクリーンで使うためのプロファイルを作ってみました。

fullgooglemap-02

使い方

1. 以下のリンクへiPhoneまたはiPadのSafariでアクセス

[button link=”http://ruxumu.net/data/mobileconfig/googlemaps.html” color=”#FF8C00″ size=”3″ style=”3″ dark=”0″ radius=”auto” target=”self”]マップをインストール[/button]

2. インストールをタップ(パスコードを設定している場合は入力)

3. 右上の完了をタップ

以上で終了です。簡単でしょ?

ホーム画面に戻るとアイコンが追加されています。(ここで表示されるアイコンは仮のものです。一度アクセスするとGoogle マップのものに切り替わります)

アイコンの削除方法

今回追加したアイコンは、通常のアプリを削除する方法では削除できません。

1. 設定アプリから、 一般>プロファイル>GoogleMaps/ruxumu の順にタップ

2. 削除をタップ(パスコードを設定している場合は入力)

※削除してもアイコンがホーム画面に残るので、再起動してください

最後に

まだiOSは配信されたばかり!

これから標準のマップアプリがどんどん進化していくといいですね!

アップル側もユーザーからのフィードバックが欲しいって言ってましたし。。。

[おまけ] 不具合を報告する方法

もしもマップアプリ内で不具合を発見したら、アップルに報告しましょう。

不具合が発生しているランドマークの詳細画面、または地図画面左下をタップして「問題を報告」をタップします。

すると、不具合の内容が選択できます。