部屋の照明を間接照明に変えたら雰囲気が激変した!

間接照明-01

びっくりです。こんなにも雰囲気が変わるとは・・・

部屋の照明を間接照明に変えてみたら落ち着く部屋が出来上がったので紹介したいと思います。

スポンサードリンク

そもそもなぜ間接照明なのか

部屋の照明を間接照明に変えようと思ったきっかけは、ushigyuさんのこの記事です。

直接照明と間接照明を使い分け、気分をコントロールしよう。(「頭が良くなる照明術」著・結城未来)

この記事を読んでからは、一人暮らしを始めたら部屋の照明を間接照明にしようと思っていました。

間接照明に変えたら、すごく落ち着く部屋になりました。照明だけで気分って変わるものなんですね。

間接照明-02

設置のコツ

間接照明を設置する時は、間接照明という言葉通り、「間接的に」光が部屋を照らすように設置するといいです。ライトを壁方向に向けて、光を壁に反射させるのが一般的です。

落ち着いた空間を作るには、電球は電球色がおすすめです。

また、電源連動タイプのタップを使うと、他の機器と連動させて照明をオン・オフできます。(詳細は後述)

では、具体的にどこにどのような照明を置いたのか紹介したいと思います。

テレビ裏

間接照明-03

テレビ裏にはこのような照明を設置しました。

>> その他のクリップライト一覧

テレビ裏には「ホリゾンタルライト」というものもおすすめです。

照明の設置は、ライト台座のクリップを取り外し、テレビのスタンドにある転倒防止用部品を取り付けるネジ穴に直接取り付けました。

間接照明-04

ここに設置した照明は、このようなタップを使用して、スピーカーか、他の照明がオンになった時に自動的に電源が入るようになっています。

スピーカーがブラビアリンクでテレビとレコーダーに繋がっているので、実質すべての機器が照明と連動していることになります。

間接照明-05

ベッドサイド

間接照明-06

ベッドサイドには、ボール型の照明を設置。

>> その他のボール型ライト一覧

デスク

間接照明-07

デスクにはクリップタイプのライトです。

>> その他のクリップライト一覧

クリップタイプは、パイプ等いろいろなところに設置できるので、設置の自由度が高いです。

最後に

学校や仕事で疲れて家に帰ってきたあと、部屋が落ち着く空間だとリラックスできます。照明を少し変えるだけで落ち着く空間が完成するので、気になった方はやってみてください。

照明に使った電球は全てLEDに交換しました。