コレトでスタイルフィットのリフィルを使えるように改造してみた

coleto-stylefit-01

自分で好きなボディ・インクの色を選べる系の多色ボールペン。主な製品として、「ハイテックCコレト」「スタイルフィット」「スリッチーズ」などがありますが、訳あってスタイルフィットのリフィル(インク)をコレトで使いたかったので改造してみました。

スポンサードリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

なぜ改造が必要?

コレトとスタイルフィットを比較してみます。

ホルダー(本体)

コレト: ノック部が色分けされていて使いやすい!→ Good!

スタイルフィット: ノック部の色が全部同じ(インク部分で判別)

coleto-stylefit-02

レフィル/リフィル

コレト: 時々インクがかすれる
書いてるとペン先が引っかかる感じ(太さを0.4にすると多少改善)

スタイルフィット: コレトより滑らかに書ける!→ Good!

もう分かりますね?コレトの本体でスタイルフィットのリフィルを使うと幸せになれるんです!!

改造方法

コレトの本体でスタイルフィットのリフィルを使うには、使いたい色のコレトとスタイルフィットのリフィル、そしてコレトの本体が必要になります。スタイルフィットのリフィルとコレトの本体だけでは使えないので注意してください。

まずは、コレトのレフィルに付いているノック部を外します。クルッと回しながら引き抜くと外れやすいです。

coleto-stylefit-03

次に、レフィル/リフィルの長さを合わせます。スタイルフィットのリフィルのほうがコレトのレフィルより少し長いので、コレトに合わせてカットします。カッターで転がしながら切ると切りやすいです。

coleto-stylefit-04
coleto-stylefit-05

最後にカットしたスタイルフィットのリフィルに、先ほど外したコレトのノック部を差し込んで完成です。

coleto-stylefit-06

今までコレトのボディ・レフィルを使っていましたが、さらに使いやすくなりました!

細かいことですが、この方法だとノック部に記載の太さと実際に中に入っているインクの太さが合いません(コレトの芯径が0.3、0.4、0.5mm スタイルフィットの芯径が0.28、0.38、0.5mmのため)。

気にするようなことではないですが笑

ゼブラのプレフィールのインクも今回紹介した方法で使えるそうなので(未検証)、こっちなら表示と芯径が合いますよ。

参考記事