【バルミューダ】高級トースターで焼いたパンは最高に美味しかった!

数年前に火がついた「高級トースター」ブーム。その火付け役となったのがバルミューダの”The Toaster”でした。

今回、Digital DIYさんのキャンペーンに当選し、BALMUDA The Toasterを手に入れたのでレビューしてみようと思います。前から欲しかった商品だったので、とても嬉しかったです!

スポンサードリンク

BALMUDA The Toasterとは?

BALMUDA The Toasterは、庫内に少量の水を入れることでスチームを使いながら焼き上げるトースターです。パンの外はカリカリ、中はふっくらとしたトーストを焼くことができます。

高級トースターということで、価格は一般的なトースターの数倍となっています。詳しい価格は以下のリンクからどうぞ。

カラーはブラック・グレー・ホワイトの3種類。今回頂いたのはブラックでした。

扉を開けると、上部に給水口が現れます。ここに付属の容器で計量した水を注ぐことでスチームを作り出します。

豊富な調理モード

焼き上げるモードは5種類。本体左のダイヤルで切り替えます。

  • トースト こんがりと焼き目をつけるモード
  • チーズトースト 上にチーズが乗っているときなど、上火を強くするモード
  • フランスパン 表面に焼き色をつけず、中までしっかり温めるモード
  • クロワッサン 表面をサクッと仕上げ、中まで温めるモード
  • クラシック スチームを使わず、従来のトースター料理をするモード(170℃・200℃・230℃)

モードによって、細かく温度を制御することで最高のトーストを焼き上げます。

本体右には時間設定のダイヤルがあります。使用中はカチカチと心地よい音がし、焼き上がるまでのワクワクする気持ちが高まります。

BALMUDA The Toasterは細かく庫内の温度を制御しています。そのため、パンの枚数や厚みで焼き時間を変える必要がありません。常に同じ時間に設定すればいいので楽ちんです。

実際に焼いてみる

実際にパンを焼いている様子を動画で撮ってみました。スチームにより窓が曇り、ヒーターが細かくオン・オフしているのが分かると思います。

焼き上がったパンがこちら!

外は外はカリカリ、中はふっくらとしていて、とても美味しいです!

次はクロワッサンを焼いてみたいですね。

記事内で使用している画像の一部は、BALMUDAホームページのプレスキットよりお借りしています。