クアラルンプール国際空港(KLIA)でシャワーを浴びるならここ!

先日マレーシアに渡航した際、帰りの便が深夜の23:30発のものでした。マレーシアは1年中気温が30度あるので、飛行機に乗る前に汗を流してスッキリしたいところ。

調べてみると空港のトランジットホテルでシャワーのみ利用可能という情報を見つけたので、今回は実際に利用したレポートをお送りします。

航空会社のラウンジではないので誰でも利用できます!

スポンサードリンク

トランジットホテルについて

今回利用したのはSama Sama Express KLIAというトランジットホテル。シャワーのみ利用の場合は、特に予約は必要ありません。

サマ サマ エクスプレス KLIA (Sama Sama Express KLIA)
Mezzanine Level, Satellite A Building, 64000 Sepang, Malaysia
Booking.com

クアラルンプール国際空港は、KLIAとKLIA2に分かれていますが、今回私が利用したのはKLIAです。KLIA2にも同じくSama Sama Express KLIA2がありますが、こちらはシャワーのみ利用できるかは不明。

KLIAはさらにメインターミナルとサテライトターミナルの2つのターミナルがあります。トランジットホテルがあるのはサテライトターミナル。2つのターミナルはエアロトレインで結ばれているので、自由に行き来できます。

トランジットホテルはイミグレとゲートの間、空港の制限エリア内にあります。

ホテルへの行き方

マレーシア出国時に利用する場合は、まず出国審査を済ませ制限エリア内に入ります。

すぐ前にサテライトターミナル行きの電車(AEROTRAIN)があるので乗ります。

ホテルの入り口はゲートC3とC5の近くにあります。これらのゲートを利用するつもりで進めば迷わないと思います。(サテライトターミナルにあるゲート番号はすべてCから始まります)

電車を降りたら、ゲートC5方面へ向かいます。サテライトターミナルは十字の形をしており、電車を降りる場所はちょうどターミナルの中央付近です。

電車を右手に見ながら、ゲートC5方面へ向かってください。途中、ホテルの看板もあるので分かりやすいと思います。

入り口はゲートC3とC5の中間、左側にあります。

階段を登ると正面にフロントがあるので、シャワーを使いたいと伝えてください。

料金は31.80MYRでした。記事執筆時のレートで860円くらい。利用者の名前を書き、サインをしてバウチャーを受け取ります。

シャワールームはフロント向かって右側の通路を進み、左手にあります。

男女でシャワールームは別れているので、女性も安心して利用できます。

結構きれいなシャワールーム

シャワールーム内はかなりきれいでした。洗面台にはドライヤーがあり、棚には歯ブラシなどのアメニティも完備。もちろんバスタオルもありますよ。

シャワールームは2重の構造になっており、手前には更衣用のスペースがあります。

シャワーの水量は問題なく、お湯もしっかり出ます。というか熱いくらい。

シャンプーもありますが、海外でよくある髪がキシキシになる系のやつです。私は普段利用しているものを自分で持ち込みました。

ホテルが制限エリア内のため、シャンプーを持ち込む場合は機内持ち込みの荷物扱いになります。液体の持ち込みルールを確認しておきましょう。

最後に

前回マレーシアに来た際も帰りは深夜便だったのですが、このホテルの存在を知らなかったため日本に着いてから銭湯に行きました。

しかし、飛行機に乗る前に汗を流したほうが断然いいです。今回は帰国してすぐに東京で予定があったため、空港でシャワーを浴びれないかと調べたらこのホテルにたどり着きました。

860円でこの設備なら大満足です。