[DIY] デスクトップパソコン用のキャスター台を自作してみた

掃除をしたり配線をしたり、デスクトップPCを動かす機会って結構あります。ただ重いんですよね… 現在私は机の下に置いているので、しゃがみながら動かすと結構大変です。

そこで、デスクトップパソコン用のキャスター付き台を作ってみたので紹介します。

スポンサードリンク

前回パソコンデスクをDIYで作りました。

実はこのときにキャスター台も一緒に作っており、木材の調達や塗装などはデスクを作ると同時に行っていました。

必要なもの

集成材

集成材はデスクのDIY時に、マルトクショップさんで一緒に注文しました。

PCケースはNZXTのH700iを使っています。

このケースは幅230mm、奥行き494mm。このサイズに合うよう、230x494x20mmの板を購入しました。材質はゴムの木です。

キャスター

自由に動かせるよう、キャスターを取り付けます。そこまで大きいものはいらないので、高さ38mmのものをチョイス。

車輪部分の素材はエラストマーにしました。ゴムのような素材で、床を傷つけにくいのが特徴です。

ステイン・ニス

塗装は必要に応じてお好みで。前回デスクを作ったときに使ったステインとニスで塗装しました。

ステインとニスはそれぞれ2度塗り。

組み立て

まあ、組み立ても何もキャスターを板に取り付けるだけです。(いろいろ写真撮るの忘れただけ)

実際にパソコンを載せるとこんな感じ。

これがあるだけで掃除が格段にしやすくなります。

既成品はいくつか売っていますが、自分のPCケースにぴったりサイズが合ったものが作れるのがいいですね。