ASRock DeskMini 310 + G5400でお手軽サブPCを作る

ASRockから発売されているベアボーンキット”DeskMini”。

@PCDigital_DIY さんのキャンペーンに当選しDeskMini 310を頂いたので、今回は実際にPCを組んでみたいと思います。

スポンサードリンク

ベアボーンキットとは?

ベアボーンキットとは、ケースに電源とマザーボードがセットされ販売されているものを指します。これにCPUやメモリを組み込むことで、実際にPCとして使えるようになります。コンパクトなPCが欲しい方や、自作PCに挑戦したいけどなんだか不安という方におすすめなキットです。

主なベアボーンキットとして、インテルのNUCやASRockのDeskMiniが挙げられます。それぞれ組み合わせるCPUやチップセットにより、いくつかのバリエーションがあります。

今回組むのは、DeskMini 310というインテルの第8/9世代CPUに対応したH310チップセット搭載のベアボーンキットです。

必要なもの

DeskMiniを使用するには、最低でもCPU・メモリ・SSD・OSが必要になります。今回はサブPCとして使用するので、お手頃なパーツを使用することにしました。

CPU: Intel Pentium Gold G5400

2コア/4スレッド・3.7GHzのお手頃CPU。記事執筆時の値段で8,000円。

特にサブPCの用途は決まっておらず、簡易的なサーバー代わりにしようかと考えているのでこれで十分。Core i3-8100とも迷いましたが、価格と性能を考えてG5400にしました。コスパ最強です。

メモリ: Transcend SO-DIMM DDR4-2666 8GB x 2

DDR4 2666 8GBを2枚で16GBです。本当は4GB x 2で8GBで良かったのですが、8GBメモリが安かったので16GBにしました。1枚5,000円切るって安くなりましたね…

DeskMiniで使用できるメモリはノートPC用のS.O.DIMMなので注意。

SSD: WD WD Blue 3D 500GB M.2(SATA)

ストレージはM.2 SATAの500GB。がっつりゲームするわけでもないしNVMeほどの速度はいりません。ちなみにDeskMiniはM.2の他に2.5インチを2つ搭載可能です。

OS: Windows 10 Home

リモートを使うかもしれないのでProと迷いましたが、とりあえずはHomeでいきます。

必要に応じて…

最低限必要なパーツは上記に挙げたものですが、必要に応じて以下のパーツを用意してもいいでしょう。

DESKMINI WIFI KIT

標準では有線LANのみ対応ですが、このキットを取り付けることで無線LANが使えるようになります。Bluetoothのチップも一緒になっているので、マウスなどBluetoothを使用する場合は必須になります。

DESKMINI 2XUSB2.0 CABLE

USB2.0を2ポート増設するためのキットです。DeskMiniは標準でUSB Type-Aポートが3つしかありません。デスクトップで3ポートはすぐに使い切ってしまうのであると便利ですね。

Noctua NH-L9i

DeskMiniと組み合わされることの多いCPUクーラーです。高さ46mm以下の製品であればDeskMiniに取付可能です。

今回はとりあえずCPU付属のリテールクーラーを使うことにしました。NoctuaのファンってDeskMiniによく使われるんですが、デザインがあまり好きじゃないんですよね…

ホワイトかブラックのファンがいいので、アイネックスのIS-40Xとか良さそうだなぁ。

ハンドルネジ

DeskMiniは、ケース内部にアクセスする場合、後部にある4つのネジを外さなければいけません。標準では普通のネジのため開けるたびドライバーが必要です。

そこでハンドルネジに交換することで、ドライバーを使わず手回しでネジを開けることができます。メンテナンスが容易になるので近いうちに買おうかな。

いざ組み立て!

DeskMiniの付属品は以下の通り。本体・ACアダプタ・ネジ類・電源付きSATAケーブル 2本、この他にマニュアル類が付属します。

本体後部にある4本のネジを外して引っ張るとマザボが出てきます。

CPU載せて…

メモリ挿して…

M.2ネジ止めして…

CPUファンを付けて完成です。簡単ですね。ファンのケーブルはメモリの隙間に通すとスッキリしました。

軽くベンチ

今回iGPUのみなので、Cinebenchだけですが回してみました。

今のところ軽い作業のみしかしていませんが、快調に動いています。

DeskMiniは常時起動しているので、TeamViewerを使ったWoLができるようになりました。DeskMiniからMagic Packet(起動信号)を送信し、メイン機を起動。

外出先でスマホ・ノートPCからメイン機を起動し、そのままリモート操作できます。これが一番嬉しい。