パワフルなゲーミングノート ALIENWARE m15 #デルアンバサダー

デルアンバサダープログラムで ALIENWARE m15 をお借りしました。1ヶ月ほど使ってみたので、ご紹介します。

スポンサードリンク

ALIENWARE m15

今回お借りしたのは、デルのゲーミングブランド “ALIENWARE” のゲーミングノート ALIENWARE m15。RTX搭載のプラチナモデルで、スペックは以下の通り。

NEW ALIENWARE m15 プラチナ
CPU Intel Core i7-9750H (6C/12T, 2.60/4.50GHz)
メモリ 16GB (2x8GB DDR4-2666)
SSD 512GB (2x256GB, PCIe M.2 SSD, RAID0)
GPU GeForce RTX 2070 Max-Q
ディスプレイ 15.6インチ 4K 有機EL 60Hz
サイズ (HxWxD) 17.9~20.1 x 360.5mm x 276mm

CPUは第9世代Coffee Lake-RのCore i7-9750H。最近のゲーミングノートでよく使われているCPUですね。

GPUはGeforce RTX 2070 Max-Q デザイン。レイトレーシング対応のRTXシリーズで、ノートPC向けに消費電力と発熱を抑えたMax-Qデザインモデルです。BTOでは、RTX 2060またはRTX 2080 Max-Qも選択できます。ディスプレイが4Kなので、ゲームするなら2070以上欲しいですね。

ガチガチのゲーミングモデルなので、第一印象は「でかくて重い」。ACアダプタも大きくて、「気軽に持ち運べる」とは言い難いです。

本体の背面側(写真手前側)の黒い部分はごっつい排熱機構。さすがゲーミングノート。

キーボード上部にも排熱用のスリットがあります。

インターフェイスは十分

本体背面には左から、HDMI、Mini DisplayPort 1.4、Thunderbolt 3、Alienware Graphics Amplifierポート、電源。Alienware Graphics Amplifierポートは、ALIENWARE専用の外付けGPUを接続するためのポートです。

本体左側には左から、ギガビット有線LAN、USB 3.1 Gen 1 Type-A、オーディオ出力。

本体右側には、USB 3.1 Gen 1 Type-A x 2。

ゲーミングだから光ります

プリインストールされているAlienware Command Centerから、キーボード、背面、電源ボタンの光る色・パターンを設定できます。

シンプルなホワイトから、ゲーミングなレインボーまで。

WASDのみ色を変えることもできます。

ベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R15

3DMark – Time Spy

3DMark – Fire Strike

Forza Horizon 4

解像度FHDのままだった。。。